戻る

news_

【リリース】
博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYデジタル、DAC、プラットフォーム・ワン
配信対象をプレミアムな動画コンテンツのみに限定した運用型インストリーム動画広告サービス
「Brand View Instream Ad」を提供開始

 

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)、株式会社博報堂DYデジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻輝、以下 博報堂DYデジタル)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)、DACの連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊福直紀、以下P1)は、配信対象をプレミアムな動画コンテンツのみに限定した運用型インストリーム動画広告サービス「Brand View Instream Ad TM」(以下Brand View)の提供を開始いたします。

Brand Viewは、あらゆる点で「高品質なトッププレミアムインストリーム動画広告」の実現を意図して開発されたものです。広告の掲出先となるメディア・動画コンテンツを厳選したプレミアムなものに限定することで、昨今のインターネット動画広告に対する懸念材料であるブランドセーフティ(不適切なサイトやコンテンツに広告掲出されていないか)やアドフラウド(不正な広告インプレッションやクリックが発生していないか)の不安を払拭できると共に、広告完全再生率(広告が最後まで視聴されているか)やViewability(広告が視聴者に閲覧できる形で適切に画面上に表示されているか)など、広告視聴の質の観点で優れていることがその特徴となっています。また、DACが提供する「AudienceOne®(※1)」を始めとしたDMP(Data Management Platform)活用によるデータに基づく各種ターゲティング配信が可能となっており、精度・効率に優れた広告展開を実現します。Brand Viewのこうした商品特性は、広告主のマーケティングにおいて高い「質」を求められる場面、特に企業や商品のブランディングに有効なものとなっております。

【商品特性】
・運用型インストリーム動画広告
・厳選した掲出先メディア:民放TV局のキャッチアップサービス(各局サイト・TVerなど)、GYAO! (※2)
・厳選した動画コンテンツ:民放TV各局の地上波放送番組、GYAO!で視聴される動画コンテンツ
→ 一般投稿動画や違法動画などは完全に排除されている。
・DMP(AudienceOne®など)活用によるターゲティング配信
・高い視聴の質:広告完全再生率、Viewability、Audibility(音声付で視聴されているか)、広告注目率(視聴者の視線が広告に注がれているか)などの優位性

博報堂DYグループは、マスメディア広告・デジタルメディア広告の各領域で、データの発展的活用、新しい売り方や商品の開発に注力し、変化スピードの激しいメディア環境における広告主の多様なマーケティング課題に応えるべく今後とも尽力を続けてまいります。

(※1) AudienceOne®について
DACが開発し提供している「AudienceOne®」は、月間4.8億ユニークブラウザと9,000万のモバイル広告ID、1兆レコード以上の膨大なデータを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを生成/提供する国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客へのLTV向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。
https://solutions.dac.co.jp/audienceone

(※2) 連携先企業
現時点での連携先は下記7社になります。今後連携先企業を拡大していく予定となっています。
日本テレビ放送網、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビジョン、毎日放送、朝日放送テレビ、GYAO

 

*詳細PDFはこちら