戻る

news_

【お知らせ】
情報発信サイト『博報堂DYグループ “生活者データ・ドリブン” マーケティング通信』開設

生活のあらゆるシーンでデジタル化が進む中、マーケティング活動への生活者データの活用ニーズは、急激に高まっています。博報堂DYグループでは、このような変化にいち早く対応すべく、2013年11月に”生活者データ・ドリブン”マーケティングの対応体制強化を掲げ、グループをあげて各種取り組みを進めてきました。4年間の取り組みを通じ、リアルタイム・365日の情報行動・購買行動から生活者の意識までを含めた「生活者データ」の充実を図るとともに、生活者DMP※を活用した多様なソリューションの開発と得意先企業への導入実績を積み重ね、幅広い企業から高い評価をいただいています。

今回開設したサイトでは、博報堂DYグループの各事業会社が連携し、”生活者データ・ドリブン”マーケティングに関するソリューションの情報や、生活者データの活用実績のある現場社員の知見やノウハウ、当該領域の最新ニュース等を発信していきます。詳細は下記の通りです。

 

本サイトでは、博報堂DYデジタルの情報も積極的に発信していきます。現在は以下のコンテンツが公開されておりますので、ぜひご一読いただけたらと思います。

■『デジタル広告の透明性や品質改善に必要なメディアクオリティマネジメント
執筆者:清水康隆、星野怜生(博報堂DYデジタル ソリューションプラニング本部)

※生活者データ・マネジメント・プラットフォーム。博報堂DYグループがこれまで蓄積してきた独自の「生活者データ」に加え、デジタルテクノロジーの進化によって入手可能となった「リアルタイム・365 日の生活者による情報行動や購買行動のデータ」「メディアやコンテンツなどの接触・嗜好データ」と「先端テクノロジー」を掛け合わせて開発している、あらゆるマーケティング活動を計画・実行・管理する上での基盤となるもの。

Share on :
google